資格取得を目指すなら

身分証明書にもなる資格

運転免許資格の特長と費用

運転免許は数ある国家資格の中でも取得者が多いもので、特に18歳から取れる普通免許証は運転以外にも生活のさまざまな面で実用性が高いのが特長です。顔写真と共に本人確認情報が一通り記載されているため、私生活ではどこででも通用する身分証明書として活用できます。就職の採用選考で募集要件として挙げられることが多く、取得しているだけで色々と行動の幅を広げてくれます。運転免許の取得にかかる費用は普通車MT・AT限定ともに30万円前後で、AT限定の方が数万円安く抑えられます。一時的な出費で返納まで一生涯使える国家資格が取得できるうえ、オプションとしてどちらも原付の運転が可能になります。また、バイクなどを運転するための二輪免許も並行して取得することができます。

運転免許は転職に有利?

運転免許は、あらゆる資格の中で、一番役に立つという意見があります。地方に住んでいる人は、車がなければ生活ができなかったり、会社への通勤手段がなかったりするので、必須となる場合もあります。都会に住んでいると、電車やバスなどの交通機関が発達しているので、生活にも仕事にも支障がないことが多いです。しかし、都会では免許を持っている人の割合が地方に比べると少ないので、車を運転できるというだけで、優遇されることもあります。転職に有利な資格をとろうと考えている人は、まずは運転免許を取得することから始めてみるのがよいかもしれません。

↑PAGE TOP